技術革新はとても大きな意味がありました

脳梗塞に対する医療は、近年になってたいへん発達するようになりました。
例えば、脳梗塞を起こすと、以前までは手術療法を行わなければ、治療をすることは出来ませんでした。
ところが現在は、危険のある手術療法を行わなくても、治療をすることが可能なケースが増えています。
それを可能にしたのが、血栓を融解させる役割をする薬剤が、技術革新で開発されたためです。
脳梗塞の原因は、身体のいずれかの部位で、血栓が形成されることから始まります。
その血栓が、何らかのきっかけで、血液循環に乗って脳に到達するのです。
脳の血管というのは、ほかの部位よりも、細いことが多いので、梗塞を起こし易いのです。
すなわち、ほかの部位で梗塞が起きなくても、脳の血管では起こす可能性が高くなります。
そのため脳梗塞を起こした場合には、血栓を手術療法で除去するか、薬剤で融解させるしかありません。
このうち薬剤での融解が可能になったのですから、技術革新はとても大きな意味があったのです。