ピロリ菌を死滅させる医療

ガンは、世界中の人が患う疾患ですが、ある程度の国民性があると言われています。
例えば西洋人では、日本人よりも大腸ガンを発症する確率が、高い傾向があるのです。
ただし大腸ガンについては、最近は日本人における発症率も、増加する傾向があります。
その原因として指摘されているのが、日本人の食生活の影響です。
日本人は、動物性の食品を、あまり食べない歴史が長く続いてきました。
ところが戦後になって、西洋的な食生活が多くなりまして、大腸ガンが増加する要因になったのです。
この大腸ガンに対して胃ガンは、昔から日本人に多いガンでした。
その背景になっていたのが、ピロリ菌と言われています。
ピロリ菌は、水道水にはほとんど存在しないのですが、井戸水には存在することが知られています。
日本人は、井戸水を飲料水として使用することが、昔から多い傾向にありました。
そのため、ピロリ菌に感染するリスクが、高かったのです。
しかし現在は、このピロリ菌を死滅させる医療が、技術革新で開発されたのです。