子宮頸ガンに対する予防法

医療において技術革新が起こることは、人間の命を救うことに、直結することでもあります。
例えば、現在の日本における死亡原因のトップは、ガンになります。
ガンは、通常の細胞まで発達する前の段階の未分化な細胞が、大量に出来る病気です。
ガンは、昔からよくある病気で、人々を苦しめてきた病気です。
例えば、戦国時代の武将として有名な武田信玄は、胃ガンが死亡原因ではないかと推測されています。
病気の対処の原則は、その病気自体が発症する前に、予防することです。
しかし、こうしたガンの多くは、医学が発達した現在においても、未だに予防法が確立していません。
ところが、子宮頸ガンについては、予防法が唯一確立するようになってきました。
その予防法とは、ワクチンを接種することです。
子宮頸ガンの原因は、あるウイルスに子宮頸部が感染することから始まります。
そのため、そのウイルスに対するワクチンを接種しておくと、子宮頚ガン自体が予防できるのです。